プラセンタ超入門TOP >  > プラセンタのアレルギー(アトピー・花粉症)に対する効果

プラセンタのアレルギー(アトピー・花粉症)に対する効果

アレルギー(アトピー・花粉症)に対する効果 アレルギー反応をコントロールしてくれる作用

アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症etc...。なんらかのアレルギー疾患を抱えている人はいまや3人に1人の割合ともいわれており、年々増加しているといわれています。


アレルギー疾患というのは簡単にいってしまうと、本来、体に害のないものに対してまで免疫システムが過剰に反応してしまうことで体の正常な細胞までが攻撃されてしまうことで発症するものです。


免疫システムの異常だけでなく体質や体内栄養素のアンバランスといった要因も絡み合ってアレルギー疾患は引き起こされると考えられていますが、こうしたアレルギー反応をコントロールしてくれる作用があるのがプラセンタです。


アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症といったアレルギー疾患はもちろん、関節リウマチなどの自己免疫疾患に対しても予防・緩和が期待できるのでは?と注目されています。


プラセンタのアレルギー(アトピー・花粉症・喘息)に対する効果を解説!

私たちの体には、「抗原抗体反応」という免疫システムが備わっており、体にとって害であるウィルスや病原菌に対して抗体をつくって攻撃・排除するという働きがあります。


この免疫システムが何らかの理由で働きが過剰になったり、異常をきたしてしまうと花粉や食材、金属といった体に害のないものにさえ免疫が過剰に反応してしまうようになるため、アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症)が発症してしまいます。


アレルギー疾患のやっかいなところは、確実な治療法がなく治療に時間がかかるということ、さらに治療に使われる薬剤(ステロイド剤など)の副作用がきつい、後遺症が残ってしまうという問題があることです。


こうしたアレルギー疾患に対しても効果があるのがプラセンタです。


 抗アレルギー作用がある。

母体が胎内の赤ちゃんを異物として認識しないように胎盤(=プラセンタ)には免疫抑制物質が豊富に含まれています。ビタミンD、オメガ3系脂肪酸、 ガングリオシド、コンドロイチン硫酸といった成分がそれ。また多くの薬理作用が複合的に働くことでアレルギーや炎症反応を引き起こすサインカインを抑制すると考えられています。

 抗炎症作用や活性酸素を除去する作用がある

炎症に対して免疫が過剰になると自己免疫異常に陥ることもありますが、プラセンタはそうした慢性的な炎症を抑える働きがあります。炎症を悪化させる活性酸素を除去する作用や炎症で生成されるメラニンを抑制する作用にも注目。ステロイドと違って、副作用がない点がポイントになります。

 免疫賦活作用で免疫システムを正常化する

プラセンタは免疫力を調整して抵抗力を高めてくれる免疫賦活作用の効果が高く、免疫システムを正常化してアレルギー反応や炎症反応を起こす物質の分泌を抑えたり、コントロールする作用にすぐれています。


上の3つ以外にも、「細胞活性化作用」「体質改善作用」といった薬理作用もアレルギー症状の抑制にプラスに働いていると考えられています。


※「体質」や「体内栄養素のアンバランス」というアレルギー疾患を引き起こす要因に対しても、プラセンタに豊富に含まれる栄養成分(5大栄養素+免疫抑制物質)が効果を発揮してくれます。


抗アレルギー薬や抗炎症薬を使ったアレルギー治療とは違って、プラセンタには副作用や薬を止めた後のリバウンドがないという点も魅力の1つです。サプリやドリンクであれば子供も安心して利用できますからアレルギー疾患に対する対策としてプラセンタを利用してみるというのも悪くない選択肢だと思います。


プラセンタの効果についてもっと詳しく!

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
プラセンタには現代病といわれるアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症)に対する効果も。免疫システムを調整する作用や抗炎症作用によりアレルギー反応や炎症をコントロールして症状の緩和や軽減が副作用や後遺症の心配なく期待できます。