プラセンタ超入門TOP >  > プラセンタの母乳促進効果について

プラセンタの母乳促進効果について

プラセンタの母乳促進効果 母乳の出を良くしたい方へ

プラセンタは、医療機関において保険適用の「乳汁分泌不全」の治療方法としても認可されているように母乳の出を良くする効果があります。


母乳は赤ちゃんに必要なビタミンやミネラルなど最良の栄養を豊富に含んでいるので「母乳で育てたい!」と考えている子育てママも多いと思います。ただ、そんな我が子を思う気持ちとは裏腹に肝心の母乳の出が悪いということがあります。


母乳は通常であれば出産後2~3日もすれば出始めるものだということですが、このときもし、母乳の出が悪かったり、母乳が出てこないという場合には、「乳汁分泌不全」と診断されて、場合によっては治療の対象になることがあります。


プラセンタの母乳促進効果について詳しく解説!

母乳の出は個人差がかなりあって20人に1人は体質的にほとんど出ないといわれています。ホルモン分泌の命令を出す脳下垂体の機能不全、乳腺や乳管の発達不全、乳汁を促進するホルモンの分泌異常が関係しているのでは?と一般的には考えられているようです。


そういう体質的に母乳が出にくい人の場合、プラセンタを摂取したとしても、どこまで母乳の出がよくなるかはやってみないと分からない部分も多いのですが、試してみる価値はあると思います。


プラセンタの乳汁分泌促進作用というのは、以下のような作用が互いに関連し合うことで生まれているのではないかといわれています。


 ホルモンバランスを調整する内分泌作用

母乳を作るために必要なプロラクチンの分泌や母乳を乳頭まで運ぶのに必要なオキシトシンといったホルモンの調整や安定化にプラセンタの効果が発揮されるといわれています。

 自律神経を調整する作用

産後は子育てにともなう心理的ストレスや生活リズムの変化などの環境的ストレスが自律神経のバランスを乱してしまうことがあります。ストレスは母乳の出に影響するので自律神経を整えることが大事です。

 細胞活性化作用

細胞の活性度が低下していると、食べたものが吸収・分解されてエネルギーになるのが妨げれたり、身体の機能が正常に働かないのでホルモン分泌などにも影響がでてきます。身体の細胞が元気じゃないと母乳もでてきません。

 精神安定作用

産後しばらくはホルモンバランスが急変動することもあり精神的に不安定です。また、初めての育児ということで余計に情緒不安定になっているママもいると思いますが、そんな不安定な精神状態をサポートする作用があります。

 造血作用

母乳の原料が血液だということはご存じでしょうか?それを考えると造血作用があるプラセンタは母乳の生産に一役買うということがいえます。また、しっかり栄養補給しないといい母乳がつくれません。その点でも栄養豊富なプラセンタは役立つはずです。


母乳に関係するホルモンにはプロラクチン(母乳を生産)とオキシトシン(母乳を絞り出す)の2種類があります。こうした乳汁を促進するホルモン分泌に問題があると母乳の出が悪くなるわけですが、プラセンタにはそうしたホルモン分泌を調整する作用が副作用なく期待できるという点が乳汁分泌不全の治療に利用される理由でしょう。


※補足:2つのうちオキシトシンは赤ちゃんに乳首を吸われるという刺激でスイッチが入ります。そのため産後すぐは母乳の出が悪かったけれど、頑張って赤ちゃんに乳首を吸ってもらったところ母乳がドバドバ出るようになったという人もたくさんいます。


ホルモン分泌の異常以外の原因としては、ストレスによるもの、母乳となる血液や体液の材料になるミネラル、ホルモンの材料になるアミノ酸や脂肪酸、ビタミンの不足なども考えられますが、こうした理由に対しても、すべて同時にアプローチして効果を発揮してくれるのもプラセンタの魅力といえます。


産後の体力の回復を早めてくれるプラセンタの効果

自然界では哺乳類は出産した後、自らの胎盤を食べます。これは産後の体力の回復を早めるための行為だといわれていますが、実はこれは人間も一緒でプラセンタを摂取することで産後の肥立ちがよくなるというのが有名です。


● 母乳の出がよくなるので授乳が楽になる
● 産後の体力の回復を早めることができる
● 産後の女性ホルモン減少による髪や肌のトラブルを緩和する
● 産後うつ、子育てのストレス対策になる


※母乳の出に関係しているオキシトシンには、子宮を収縮させる働きがあることもわかっており、母乳をあげることで母体にオキシトシンが分泌されると、産後の子宮の回復が早くなるということがわかっています。


妊娠中は増え続ける女性ホルモンの影響で心と体にさまざまな変化が起きていたと思いますが、産後はそれとは逆に増えていた女性ホルモンが一気に減少するため、心身ともにホルモンバランスの乱れというのを痛感すると思います。


プラセンタは、母乳の出をよくするためだけでなく、そうした産後の身体の回復と不安定になりやすい精神面のバランスを取る安定剤としての役割も数多くある薬理作用から期待されています。


体内で起きているアンバランスを正常な状態へと調整してくれるというのが基本的なプラセンタの働きなので、それこそ産後および授乳中というのはプラセンタの効果を最も実感できる期間ではないかと思います。


プラセンタの効果についてもっと詳しく!

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
乳汁分泌不全に有効な治療方法としてプラセンタは認められているほど効果あり。そうした母乳の出を良くする効果以外にも産後や授乳中の母体をサポートしてくれる作用がプラセンタにはあります。母乳育児にこだわりたい方は必見!