プラセンタ超入門TOP >  > プラセンタに含まれる「成長因子」がスゴい!

プラセンタに含まれる「成長因子」がスゴい!

プラセンタに含まれる成長因子(GF)プラセンタというのは哺乳類の胎盤、つまり生命を育む源が原料です。


タンパク質や脂質、糖質やビタミン、ミネラルといった生命を生み育てるために必要な栄養素がすべて含まれているのはもちろんのこと、頭にいれておきたいのは「成長因子(グロースファクター=GF)」が含まれている点が唯一無比なものだということです。


この「成長因子」を含んでいることこそがコラーゲンやヒアルロン酸、レスベラトロール、高麗人参、マカといった他の成分と一線を画すプラセンタならでは最大の特徴といえるものです。


プラセンタがつくりだすこの成長因子の働きを簡単に説明すると、「細胞分裂を活発にし、細胞を臓器へと作り変えていく働き」をしてくれるということ。身体の中に摂りこまれると、全身の細胞の新陳代謝が促されて、代謝の向上、体質の改善、組織や機能の若返りといった効果が期待できます。


成長因子(グロースファクター) について

成長因子には細胞の増殖や分化、修復や再生を促進する作用があり、老化現象を強く元に引き戻してくれるパワーがあります。EGF、FGF、HGFなどいろいろな種類があり、それぞれ固有の役割を持ち、互いの成長因子の働きを補って、細胞分裂のきっかけとなる刺激を与えてくれます。


HGF(肝細胞増殖因子) 肝細胞や様々な細胞を増殖し、組織と臓器の再生と修復を促す。
NGF(神経細胞増殖因子) 神経細胞(交感神経・副交感神経・知覚神経節細胞)の増殖と再生を促す。
EGF(上皮細胞増殖因子) 皮膚・肺・角膜・気管上皮細胞の増殖と再生を促す。
FGF(線維芽細胞増殖因子) ヒト線維芽・血管内皮・グリア細胞の増殖と再生を促す。
IGF(インスリン様成長因子) 軟骨細胞・平滑筋細胞の増殖と再生を促す。
TGF(形質転換増殖因子) 非形質転換細胞を可逆的に形質転換細胞に転換。
CSF(コロニー形成刺激因子) 免疫担当細胞の顆粒粒、マクロファージなどの幹細胞の増殖を促す。
IL-1(インターロイキン1) 免疫担当細胞、胸腺細胞の増殖、リンホカインの産生促進を促す。
IL-2(インターロイキン2) ヘルパーT細胞、キラーT細胞・サプレッサーT細胞の増殖を促す。
IL-3(インターロイキン3) 造血幹細胞、肥満細胞の増殖を促す。
IL-4(インターロイキン4) B細胞の増殖、および抗体産生細胞への分化促進を促す。
※「CSF」「IL-1」「IL-2」「IL-3」「IL-4」については、免疫力を向上させる成長因子として一括りにされることもあります。

※参照:「胎盤漿−ラエンネックの栄養因子」 木本 英治


HGF(肝細胞増殖因子)などは、再生・修復力の高さから再生医療の分野でも注目されているものですよね。こうした、成長因子は、実は体内で作られているものでもあるのですが、10歳ごろから減少しはじめて、20歳を過ぎると急激に減少します。


30歳を過ぎるころになると、活性酸素から細胞を守るSOD酵素が減少してきてしまうこともあって、活性酸素による細胞内のDNAへのダメージが深刻になってくるため、さらに成長因子の生成量が低下してきます。


肌のターンオーバーが遅れだすとか、皮膚の傷痕がなかなか消えないとか、髪が薄くなってくるとか、肌のハリがなくなってくるといったことも、成長因子の生成量が減ってきてしまうことが少なからず影響しているということなんです。


新陳代謝が鈍くなり、古くなった細胞が新しい細胞へと置き換わらなくなれば、当然、見た目にも機能的に細胞は老化して衰えていきます。プラセンタはそうした老化サインがみえだした肌や身体の細胞が活性化して、身体の機能や見た目の若さの維持を強力にサポートしてくれます。


成長因子(グロースファクター)を含むのはプラセンタだけ!

コラーゲン、コエンザイムQ10、グルコサミン、ヒアルロン酸、ビタミン&ミネラル、大豆イソフラボンなど、年齢とともに減少し、補ったほうがいいといわれる栄養成分は数多くあります。


こうした成分はいずれも普段の食事から摂取しようと思えばできるものです。実際はそんな努力をしたくないという人が大半なのでサプリメントを利用するわけですけどね。


それに比べると、自然界の中で、この成長因子(細胞増殖因子)を含有しているのはプラセンタ(胎盤)だけ。つまり、プラセンタを摂取することでしか得られない効果があるということです。


当サイトではそんなプラセンタを継続的に摂取するための手段としてサプリやドリンクでの摂取をおすすめしています。普段の食事から摂取できる成分ではありませんからね。


また、注射に比べると即効性はないかもしれませんが、得られる効果は同じであることや価格や続けやすさなどは明らかにサプリやドリンクのほうが上という理由もあります。


どんな商品を選ぶかはしっかり吟味する必要はありますが、そこは当サイトのコンテンツをしっかりチェックして参考にしてください。


※なお、プラセンタはプラセンタでも「植物性プラセンタ」や「海洋性プラセンタ」には「成長因子」は含まれていないので購入しないようにしてくださいね。

プラセンタに含まれる成長因子についてまとめ

質の高いプラセンタ選びが大事!

プラセンタが「万病を治す霊薬」や「不老長寿の妙薬」といわれるのは、まさに成長因子の力によるものといっても過言ではありません。美と若さをもたらす活性度の高い成長因子を摂取するためには質のいいプラセンタを選んで利用する必要があります。 Step4.馬・豚・羊・ヒト~プラセンタの種類について


知っておきたい!プラセンタの超基礎講座

≪女性必読!プラセンタの効果⇔副作用≫
すでに美容成分としてはコラーゲンを上回る人気があるといわれるプラセンタ。どんな効果が期待できるのか?副作用は?など一番気になることを解説しました。
≪プラセンタとコラーゲンの違いetc....≫
コラーゲンやヒアルロン酸、レスベラトロール、高麗人参、マカなど、効果効能でプラセンタと共通する成分や違いがよくわからないものを比較してみました。
≪プラセンタの成長因子が凄い!≫
生命を生み育てるために必要な栄養素のすべてが凝縮されていることに加えて「成長因子」を含んでいることがプラセンタならではの最大の特徴といえるものです。
≪馬・豚・羊etc。プラセンタの種類≫
プラセンタにはサプリやドリンクに配合される馬・豚・羊由来ものや植物由来のもの、医療機関で用いられるヒト由来のものとさまざま。その違いについて解説します。

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
プラセンタの多方面で発揮される驚くべき薬効の秘密は、成長因子(グロースファクター)によるところが大きいです。他の美容や健康にいいといわれる成分と決定的に違う、このプラセンタの成長因子を詳しく取り上げます。