プラセンタ超入門TOP >  > プラセンタを閉経後に飲んでも意味あるの?

プラセンタを閉経後に飲んでも意味あるの?

プラセンタを閉経後に飲んでも意味あるの? もうそろそろかと思っていましたが閉経したようです。そしてその影響なのか髪や肌などの衰えも目立ちはじめており、ここ最近、一気に老けたような気がして鏡の前でため息ばかりついています。私のような閉経してしまった人間にもプラセンタは利用する価値はありますか?

以下、プラセンタを閉経後に、の回答

閉経後の体調維持や美容におすすめです。
閉経後のQOLを高める方法の1つが「プラセンタ」です。

日本人女性の閉経年齢というのはだいたい50歳ぐらいだそうです。その前後5年を加えた45歳~55歳というのがいわゆる更年期であり、女性ホルモンの減少によるさまざまな不定愁訴に悩まされる女性にとっては辛い時期になります。


女性の美と若さにおいて女性ホルモン(特にエストロゲン)は非常に重要な役割を果たしているのはご存じだと思いますが、女性ホルモンの減少が顕著になる更年期以降、見た目はもちろん体のなかでもさまざまなトラブル(※後述)が増えてきます。


そんな閉経後にやってくるさまざまなトラブルを緩和したり、ラクにしてくれる作用があるのがプラセンタですから、閉経後こそ重宝するものになると思います。

更年期以降、エストロゲンの欠乏・不足で増える疾病・トラブル

普段、ほとんど意識しないと思いますが、女性ホルモンのエストロゲンは女性の若さと美と健康を保つために実にさまざまな働きをしてくれています。


そのため、女性ホルモンがほぼ枯渇してしまう閉経後は、エストロゲンによって状態が保たれていたり、抑制されていたものの歯止めが効かなくなってくるので、健康や美容上の悩みが増えてきます。


 抜け毛・薄毛

⇒エストロゲンには髪を発達させて成長期を持続させるという効果があります。エストロゲンが加齢とともに減ってくると髪の成長期が短くなり、休止期が長くなってくるため、髪が細く痩せてボリュームがなくなり、全体的に薄くなってきます。

 肌のハリ・弾力不足

⇒エストロゲンが減少してくると、コラーゲンやエラスチンといったハリ弾力成分を作り出す繊維芽細胞の働きが鈍くなります。そのため、皮膚にハリや弾力がなくなり、細かいシワやたるみが目立つようになってきます。

 乾燥肌

⇒エストロゲンには皮膚や粘膜を保護し、潤いを保つという作用があり、ドライアイやドライマウスとも深い関係があります。もちろん、肌の水分量とも関係がありますから閉経後、水分を肌内に維持できなくなることで乾燥肌になっていきます。

 骨粗しょう症・変形性膝関節症

⇒エストロゲンが減ってしまうと骨を溶かす破骨細胞が活性するのに対して、骨を作る骨芽細胞の働きが弱まるので骨量の低下、骨密度の減少が起きます。また、関節軟骨にエストロゲン受容体があることからエストロゲンが不足すると軟骨成分の不足や潤滑液の分泌不良が起こり、変形性膝関節症につながると考えられています。

 うつ病・精神不安定

⇒エストロゲンには脳内の神経伝達物質の代謝や合成にエストロゲンが関与していることからエストロゲンが減少してしまうと、セロトニン等の脳内神経伝達物質の正常な働きやバランスが崩れてしまいます。更年期や産後にうつ病が多い理由です。

 動脈硬化

⇒エストロゲンには血管拡張作用があるほか脂質代謝やインスリンの分泌にも関わっているとされ、血中脂質や血圧、血糖を適度に抑制しています。しかし、更年期以降は、この抑制効果が効かなくなってくるため、LDLコレステロールや中性脂肪、血圧や血糖値が高くなっていくため動脈硬化のリスクが増していきます。

 萎縮性膣炎、膀胱炎

⇒エストロゲンは膣内においては、潤滑を促す作用、膣壁を厚くする作用がありますが、エストロゲンが欠乏すると膣内は乾燥し、柔軟性がなくなり、膣壁が薄くなって萎縮してきます。 膣同様に、尿道の粘膜も乾燥して薄くなるため、細菌が侵入しやすくなって膀胱炎になることが増えます。

 加齢臭

⇒女性ホルモンのエストロゲンには皮脂分泌を抑制する作用があります。皮脂腺の働きを抑制してくれているエストロゲンが減少すれば皮脂の分泌量が増えるため、過酸化脂質やパルミトオレイン酸が多く分泌されるようになって加齢臭のニオイ成分であるノネナールも発生しやすくなります。


これだけの症状や疾患がエストロゲンの作用によって状態が保たれていたり、抑制されているんですね。どれだけ女性によって女性ホルモンが大事なものであるかというのがよくわかるのではないでしょうか。


エストロゲンの欠乏・不足の影響をプラセンタで緩和する

こうした閉経後の女性の肌や身体にプラセンタは効果はあるのか?ということですが当然それはあります。内分泌調整作用の影響を受けて、閉経後数年経っているという場合でも、生理が復活することがあるくらいですから、若さを取り戻すそのパワーは絶大です。


もちろん、若かったあの頃と同じようにとはいきませんが、これの意味するところは閉経後のエストロゲンがガクンと激減して機能が落ちた卵巣や子宮以外の細胞や組織もプラセンタの成長因子などによって活性化できるということです。


ホルモンバランスが急激に変化するほど、心にも身体にも負担がかかるわけですから、プラセンタを摂取することでその変化を緩やかなカーブを描くようにゆったりとしたものにできれば、心身にかかる負担はだいぶ楽になるだろうと思います。


※本当にエストロゲンの値が低い場合は、直接、エストロゲンを補うホルモン補充療法(HRT)が一番効果的です。閉経していてもそこまでエストロゲンの値が低くない状態であれば、プラセンタでも十分な効果が望めるといわれています。


日本人女性の平均寿命は85歳だそうですから、50歳で閉経するとすれば、その後35年間はエストロゲンが欠乏した状態で過ごさなければならないといけません。


昔と違って今の50代、60代はまだまだ気持ちも見た目も若いと思っているはずです。にもかかわらず閉経してエストロゲンが減ってしまったことで、気持ちに身体がついていけず動けないというのは、人生損ですよね。もったいないです。


そんな閉経後も若々しさを失わず、イキイキと元気に過ごすための手段として、大いに役立ってくれるのがプラセンタですから利用しない手はないかと思います。


プラセンタ摂取にかんするよくある質問

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
ホルモンバランスを整える目的や更年期障害の緩和に利用されるプラセンタですが、完全に閉経してしまった後の肌や身体にも利用する価値はあるのか?50代、60代女性にもプラセンタを利用する価値について触れておきます。