プラセンタ超入門TOP >  > 女性必読!プラセンタの効果と気になる副作用について

女性必読!プラセンタの効果と気になる副作用について

女性必読!プラセンタの効果と気になる副作用ほとんどの人が知るプラセンタの効果というのは、美肌だったり、若返りのアンチエイジング効果といった美容成分としての効果ではないかと思います。


実際そのとおりで、プラセンタの美容効果は抜群で、「抗酸化作用」「抗炎症作用」「血行促進作用」など多くの作用によってシミやシワといった肌トラブルが抑えられますし、プラセンタ独自の成長因子の働きにより、細胞の増殖再生が行われ皮膚の若返りも期待できます。


乾燥肌やオイリー肌、ニキビや肌荒れにも有効なので、肌老化が気になってきた人だけでなく、慢性的な肌トラブルを抱えている方にとっても本当に頼もしい存在になってくれるはずです。


プラセンタの効果は美容効果だけにとどまらない!

プラセンタには20を超える薬理作用があり、美肌やアンチエイジングというのはその1つです。


確認されている薬理作用だけをみても体の疲れや痛みの緩和、ホルモンバランスの改善、自律神経を整えることによる精神的疾患の回復といった、薬では改善しにくい身体の不調や不定愁訴にまで効果があるのがプラセンタが「万病を治す霊薬」や「不老長寿の妙薬」といわれるゆえんです。


【美容に関するもの】
メラニン生成を抑制するシミくすみ美白、線維芽細胞を活性化してシワやたるみを予防、バストアップ、肌のターンオーバーの促進、肌の水分保持力UP、肌老化を防ぐ、抜け毛の予防

【婦人科系疾患に関するもの】
女性ホルモンのバランスの安定化(無月経や生理痛の緩和)、更年期障害(めまい、発汗、動悸)の緩和、卵巣機能の安定化、卵子の質や着床率の向上、母乳促進

【肉体的、精神的疾患の緩和】
頭痛 ・偏頭痛、坐骨神経痛、腰痛、目のトラブル(ドライアイ・緑内障・老眼)、便秘解消、膀胱炎、パニック障害、パーキンソン病、不眠・睡眠障害、糖尿病、膠原病

【体質改善】
疲労回復や夏バテの解消、代謝促進によるダイエット効果、肝機能障害の改善(二日酔いにも効果あり?)、アレルギー症状の緩和(アトピー・喘息・花粉症)

【その他】
放射線障害



これだけ多くの美容効果や健康に対する効果が期待できる成分は、プラセンタ以外見当たらないのではないでしょうか?


また、プラセンタの場合、ほかのよくある美容成分や健康成分と違って原料が胎盤という特性上、普段の食生活から摂取するということができません。そのため、こうしたプラセンタの効果効能を実感しようと思ったらプラセンタ配合のサプリやドリンクを摂取するということが必要になってきます。


プラセンタ摂取後の副作用について

美容効果や健康効果を期待してプラセンタを飲んだところ、「体に異変があらわれた!」「これって副作用では!?」という口コミを見かけることがあります。具体的にプラセンタの副作用といわれている身体にあらわれる症状をまとめてみると、


【主な体の異変・不快な症状】
体重が増えた・太った、蕁麻疹が出た、胸が張る・胸が痛い、体臭がきつくなった、頭痛がする、 体がだるくなる、便秘になった、ニキビができた、夜中に目が覚める、生理時の出血量が多くなる、生理が早くくる

※副作用を詳しく解説→ プラセンタの副作用に関するQ&A


こうした症状のほとんどは、実はプラセンタの副作用というよりも、瞑眩(めんけん)現象といわれる、いわゆる好転反応であることがほとんどです。プラセンタによって代謝が活性化したり、体の組織・細胞が元気になって体質が変わりはじめている証拠です。


あまりに瞑眩現象がひどい場合はプラセンタの摂取をやめるか量を減らす必要がありますが、一過性のものですし、効いている証拠なので、ここで副作用だと大騒ぎして止めないことが大切です。


とはいえ、まったく危険情報や副作用の心配がないのかといえばそんなことはありません。国立健康・栄養研究所が公開している「健康食品の安全性・有効性情報」によると、プラセンタを摂取したことでアレルギー症状が悪化したケースが報告されています。


小児ぜんそくとアトピー性皮膚炎の既往歴がある22歳男性 (日本) が、プラセンタエキスを含む製品を摂取したところ 、掻痒性皮疹が出現。プラセンタエキスのスクラッチパッチテストおよび内服誘発試験の反応は陽性。プラセンタエキスを含む健康食品により成人型アトピー性皮膚炎が悪化、という診断が下された (2002185402) 。


また、プラセンタを摂取した後に発疹・痒み・赤みという症状が出た場合は、プラセンタのタンパク質に反応したアレルギーの可能性もあります。タンパク質がアレルゲンになるというのは乳・卵・大豆のアレルギーがあることからも明らかですが、プラセンタを摂取した場合も本当にごく稀にそうしたことがあるようです。


ただ、こうしたプラセンタが原因とみられるアレルギーは、ラエンネックというプラセンタ注射で0.37%(273例中1例)という発症率なので、サプリやドリンクの場合はさらに発症率は低いと思われます。


さらに、サプリやドリンクの場合、プラセンタ注射にあるような注射部位の異常はありませんし、ヤコブ病等の感染症の心配もありません。大部分の人にとってはプラセンタの副作用についてはほとんど不安に思う必要はないと思います。

サプリやドリンクであれば副作用の心配は皆無!

プラセンタサプリやドリンクを利用する場合、副作用というものはごく稀です。体の異変もそのほとんどは瞑眩現象なので、時間とともに落ち着くはず。パニックにならないようにしましょう。
Step2.プラセンタとコラーゲンの違いわかりますか?


【補足】プラセンタ注射の副作用について

医療行為としてのプラセンタ注射の場合、50年以上の歴史のなかで重大な副作用はおこっていないとのことなんですが、軽微なものであればいくつか報告されているようです。


● 注射した部分が赤くなる
● 注射した部分がかゆくなる
● 注射した腕がだるくなってしまう。
● 吐き気をもよおす


いずれもはじめて注射をした際や2回目など経験が浅いときに、こうした副作用といえるような症状が出てくるケースがあるようですが、発症率は1%未満であり、症状も半日程度でおさまるといわれています。


また、前述した国立健康・栄養研究所が公開している「健康食品の安全性・有効性情報」によると、プラセンタ注射によって薬剤性肝障害や全身性斑状強皮症といった副作用が出たという報告があります。(とはいえ、かなりのレアケースといえそうですが....)


体験談ベースとしては、プラセンタを静脈注射したり、プラセンタをほかのさまざまな美容成分と混ぜ合わせたものを注射あるいは点滴した際に、発熱や悪寒、発赤、発疹などがあったという話があります。


これについていえることは、プラセンタの静脈注射やカクテル注射(他の美容成分と混ぜること。点滴も含む)は正式な投与方法ではないということです。最近は点滴バーなど、プラセンタを点滴することもあるようなんですが、安全性が確立されている方法ではないので注意しておいたほうがいいでしょうね。


プラセンタ注射や点滴は、美容クリニックが気軽さや手軽さを売りにしてPRしていることもあり、つい医療行為であることを忘れがちです。投与方法(皮下および筋肉注射が正規の方法)や厚生省が認可されている製剤(ラエンネック・メルスモン)についてはしっかり確認してトラブルや副作用を減らす意識は持っておきたいですね。


知っておきたい!プラセンタの超基礎講座

≪女性必読!プラセンタの効果⇔副作用≫
すでに美容成分としてはコラーゲンを上回る人気があるといわれるプラセンタ。どんな効果が期待できるのか?副作用は?など一番気になることを解説しました。
≪プラセンタとコラーゲンの違いetc....≫
コラーゲンやヒアルロン酸、レスベラトロール、高麗人参、マカなど、効果効能でプラセンタと共通する成分や違いがよくわからないものを比較してみました。
≪プラセンタの成長因子が凄い!≫
生命を生み育てるために必要な栄養素のすべてが凝縮されていることに加えて「成長因子」を含んでいることがプラセンタならではの最大の特徴といえるものです。
≪馬・豚・羊etc。プラセンタの種類≫
プラセンタにはサプリやドリンクに配合される馬・豚・羊由来ものや植物由来のもの、医療機関で用いられるヒト由来のものとさまざま。その違いについて解説します。

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
プラセンタには体の不調の改善、更年期障害の緩和、肝機能の改善、アレルギー症状の予防と改善、美肌やアンチエイジング効果があります。また、多くの人が気になる摂取後の副作用(太る、不正出血、ニキビ、胸の痛み)などの原因や対策も紹介します。