プラセンタ超入門TOP >  > プラセンタとコラーゲンの違いわかりますか?

プラセンタとコラーゲンの違いわかりますか?

プラセンタとコラーゲンの違いわかりますか? プラセンタは美容効果や健康効果が幅広いので他の成分と効果効能でカブる部分がでてきます。それゆえ他の成分との違いがよくわからなくなってしまうことがよくあるんですね。


例えば、プラセンタとコラーゲンとヒアルロン酸。いずれも肌にいいといわれる美容成分ですが、それぞれ肌に対してどういう働きをしてくれているのか、わかりますか?


他にもアンチエイジングでは、コエンザイムQ10やレスベラトロール、女性ホルモンに働きかける成分としては大豆イソフラボンや高麗人参、妊娠サポート、不妊関連でいうとマカなどともプラセンタはよく比較されます。


こうしたそれぞれの分野の代表的な成分とプラセンタの共通点や違いを知っておくことも健康や美肌作りに役立ちますし、プラセンタの万能ぶりをよく知るいいきっかけになると思います。


コラーゲン、ヒアルロン酸と【美肌効果】で比較!

プラセンタとコラーゲン、ヒアルロン酸を【美肌効果】で比較!コラーゲンは肌のハリや弾力に関係する成分であり、ヒアルロン酸は肌の保湿力を高めてくれる成分になります。コラーゲンやヒアルロン酸はいずれも真皮層にある線維芽細胞から作られますが、この線維芽細胞を活性化するのがプラセンタです。


加齢や紫外線ダメージの影響で線維芽細胞で生産されるコラーゲンやヒアルロン酸が減少すれば、それだけシワやたるみ、乾燥の原因になりますが、この衰えた線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやヒアルロン酸を増殖させるよう促してくれるのがプラセンタの働きです。


コラーゲンやヒアルロン酸を個別に摂取するより、プラセンタを摂取したほうが繊維芽細胞の活性化につながるので効率よくまとめて肌のコラーゲンやヒアルロン酸を産生できますし、肌自体を若返らせることができます。


コエンザイムQ10、レスベラトロールと【老化防止効果】で比較!

プラセンタとコエンザイムQ10、レスベラトロールを【老化防止効果】で比較!コエンザイムQ10には強力な抗酸化作用や線維芽細胞を増殖させる作用があり、老化を促進する活性酸素を防ぎ、シミやシワを抑制してくれる作用があります。


レスベラトロールもコエンザイムQ10と同様に抗酸化作用にすぐれた成分であり、アンチエイジング成分として注目されており、体脂肪の蓄積を防ぐ作用も期待されているものです。


一方のプラセンタには発生した活性酸素の除去作用と過剰な発生を抑制する免疫賦活作用があり、アンチエイジングに不可欠な酸化ストレスを軽減させる抗酸化作用に優れているという特徴があります。


抗酸化作用だけみれば、それほど差はありませんが、プラセンタにはプラセンタ独自の成長因子の作用というものがあり、細胞を活性化し、老化を防止する効果というものがあります。


この点がプラセンタがコエンザイムQ10やレスベラトロールと大きく異なる点です。


大豆イソフラボンや高麗人参と【女性ホルモン調整効果】で比較!

プラセンタと大豆イソフラボンや高麗人参を【女性ホルモン調整効果】で比較!大豆イソフラボンや高麗人参は体内に入ったときに女性ホルモンと同じ働きをするエストロゲン様作用があるといわれています。


高麗人参においては、更年期の不定愁訴を改善したり、冷え症で虚弱体質の人によく効く漢方としても有名ですよね。


対してプラセンタはというと、医療機関において更年期障害の治療に利用されているように女性ホルモンを調整したり、自律神経のバランスを調整する作用にすぐれています。また、血行促進・造血作用もあるので貧血や冷えに悩む女性にとっても強い味方です。


医療機関において利用されているのがイソフラボンや高麗人参ではなく、プラセンタであるということを考えると、女性ホルモンの調整作用において確実なエビデンス(証拠)があるのはプラセンタのほうなんでしょうね。


プラセンタとマカを【不妊・妊娠力アップ効果】で比較!

プラセンタとマカを【不妊・妊娠力アップ効果】で比較!マカにはホルモンバランスを整える作用があり、滋養強壮や代謝を向上させる作用があります。不妊や生理痛、生理不順の緩和に効果があるということはよく耳にしますよね。


プラセンタにもマカとほぼ同じような作用があります。不妊についていえば、プラセンタによって卵子の質が向上したり、着床率が向上したり、子宮内膜が増殖したりといったことが確認されています。


マカとプラセンタを比べた場合、マカは妊娠しやすくなる成分として人気の健康食品にとどまるのに対して、プラセンタは不妊治療のひとつの手段として利用されているものです。ともに素晴らしい効果効能がある成分ですが、医療現場で実際に利用されているかいないかという差は大きいと思います。


他の成分との比較のまとめ

プラセンタを摂取していれば他の成分はいらない!?

美容や健康にはプラセンタを摂取していれば充分!と感じてしまうぐらいマルチな効果効能を発揮してくれます。何よりも医療機関での各種治療においてプラセンタが使われているという事実は、効果や信頼性において他の成分とはレベルが違うことを感じさせてくれます。 Step3.プラセンタに含まれる成長因子について


知っておきたい!プラセンタの超基礎講座

≪女性必読!プラセンタの効果⇔副作用≫
すでに美容成分としてはコラーゲンを上回る人気があるといわれるプラセンタ。どんな効果が期待できるのか?副作用は?など一番気になることを解説しました。
≪プラセンタとコラーゲンの違いetc....≫
コラーゲンやヒアルロン酸、レスベラトロール、高麗人参、マカなど、効果効能でプラセンタと共通する成分や違いがよくわからないものを比較してみました。
≪プラセンタの成長因子が凄い!≫
生命を生み育てるために必要な栄養素のすべてが凝縮されていることに加えて「成長因子」を含んでいることがプラセンタならではの最大の特徴といえるものです。
≪馬・豚・羊etc。プラセンタの種類≫
プラセンタにはサプリやドリンクに配合される馬・豚・羊由来ものや植物由来のもの、医療機関で用いられるヒト由来のものとさまざま。その違いについて解説します。

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
プラセンタをコラーゲン・ヒアルロン酸をはじめ、コエンザイムQ10やレスベラトロール、大豆イソフラボンや高麗人参、マカといった化粧品や健康商品の定番成分と比較してみました。効果効能の共通点や効き目の違いなどがよく分かると思います。