プラセンタ超入門TOP >  > 馬・豚・羊・ヒト~プラセンタの種類と違いについて

馬・豚・羊・ヒト~プラセンタの種類と違いについて

馬・豚・羊・ヒト~プラセンタの種類 プラセンタと一口に言っても、その原料は「馬」「豚」「羊」「ヒト」「植物由来」があります。


この5種類のプラセンタですが、コスメやサプリメント、美容ドリンクなどには、「馬・豚・羊・植物由来」のものが使用され、医療機関でのプラセンタ注射でのみヒト由来のプラセンタが使用されています。


(※厳密にいえば植物由来のものはプラセンタ(=哺乳類の胎盤)ではないのですが、便宜上、プラセンタの1つとしてカウントしています。)


こうしたプラセンタの原料の違いは、効果や安全性と大いに関係してきます。というのも原料となる動物の飼育状態や環境、与えられた食物、ストレスといった要素がプラセンタの質を大きく左右するからです。


馬・豚・羊・ヒト~プラセンタの種類とその特徴&違いについて

原料名 効果/価格 安全性/品質 特徴 用途

馬
高い 高い 豚の1.2~1.5倍のアミノ酸を含有 主にサプリ
高い 国産サラブレット

豚
普通 普通 大量生産が可能なため安価 サプリ
ドリンク
安価 SPF豚

羊
高い 普通~高め ヒトに近いアミノ酸組成で浸透がいい 主にサプリ
普通 スイス産
植物由来
植物由来
低い - 胎盤ではなく胎座から抽出 化粧品
普通
ヒト
ヒト
高い 非常に高い 医療機関でのみ取扱い 注射のみ
保険適用可 日本人限定
≪馬プラセンタ≫
馬は、年に1回、1頭だけの出産であり、妊娠期間が長いこと、それから血統から飼育環境まで徹底した管理体制の中で育てられているため良質で活性度が高く、安全性の高いプラセンタエキスが抽出できるといわれています。大量生産できないため価格が高くなるデメリットがありますが、馬プラセンタは豚に比べてアミノ酸量が約1.2倍あり、豚にはない必須アミノ酸が4種類(ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、トリプトファン)非必須アミノ酸でありながら必須アミノ酸がなければ合成できない準必須アミノ酸を2種類(チロシン、システイン)が含有されていることから注目されています。
≪豚プラセンタ≫
豚は年に2回、1度に10頭前後の子豚を産むことからプラセンタエキスを大量に抽出・生産できるため安価で、牛プラセンタ禁止後、プラセンタ商品の原料の主流になりました。ただ、病気にかかりやすく、予防接種のためのワクチンや薬剤を投与される機会が多いことから安全性に不安があること、成長因子の活性力など胎盤の質の面で馬と比べると落ちます。できれば管理体制の行き届いており、ワクチンや薬剤の影響のないSPF豚のプラセンタを選びたいところです。
≪羊プラセンタ≫
羊は人間の胎盤に近いアミノ酸組織を持っているので、発疹や赤みなど拒否反応が起こりにくく、体内への浸透力が高いといわれています。また、豚と違って免疫力が高く、病気にもかかりにくいので薬剤等で汚染されている心配もないため胎盤の質が高いです。安全性や質の面は特に問題は見当たりませんが、2001年に厚労省が狂牛病のリスクを考えて「反芻動物(牛・羊)の胎盤を原料に使用してはならない」と通達を出したため、国内生産はできない状態であり、日本で手に入る羊プラセンタ関連の商品はすべてニュージーランドやスイスからの輸入品なので国内での流通量は非常に少ないです。
≪植物由来のプラセンタ≫
植物の胎盤にあたる「胎座」から有効成分を抽出したもの。主にアロエ、ライ麦、トウモロコシ、クロレラなどの胎座が利用されています。「胎座」には発芽のための栄養分が凝縮されていることもあり、アミノ酸やビタミンは豊富に含まれていますが、動物由来のプラセンタ(=胎盤)と比べると、植物由来のプラセンタにはプラセンタならではの「成長因子」が含まれていません。そのため本来のプラセンタとは全く別の美容成分だと思ったほうがいいです。効果はないとはいいませんが、美肌効果、健康面での効果やアンチエイジング効果は著しく低下してしまいます。
≪ヒトプラセンタ≫
医療機関でのプラセンタ注射の原料としてのみ用いられます。薬剤メーカーが契約している日本の産婦人科から提供される日本人の胎盤が原料です。医薬品として認可されていることからもわかるように、効果や安全性については疑いの余地はありません。何らさの疾患の治療に用いる場合はプラセンタ注射や保険適用されますが、美容・アンチエイジング目的の場合は保険適用外です。ラエンネックとメルスモンのいずれかの注射剤を使います。

プラセンタを選ぶときの3つのチェックポイントは?

プラセンタ選びのコツ

プラセンタの原料の種類と品質をチェック!
価格が安いのは豚由来、栄養価や質では馬由来!
SPF豚やサラブレット由来のものは管理が行き届いており、安全性が高い!
サプリメントとドリンク、おすすめはどっち!?

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
「馬」「豚」「羊」「ヒト」「植物由来」とあるプラセンタの5つの種類について、それぞれの特徴について解説しています。原料となるプラセンタ(=胎盤)は飼育環境や管理体制によって、その質が変わってくるためどうせなら高品質のものを選んだほうが効果効能が期待できます。