プラセンタ超入門TOP >  > プラセンタの放射能障害に対する有効性

プラセンタの放射能障害に対する有効性

プラセンタの放射能障害に対する有効性 放射線で傷ついた遺伝子を修復できる!?

ほとんどの人にとってはあまりピンとこない話になると思いますが、知られざるプラセンタの効果の1つとして「放射線障害の回復に有効である」というものがあります。


そもそもなぜ放射線が身体に悪いのかというと、放射線が人体を突き抜けるときに体の成分が破壊されたり、遺伝子を傷つけてガン化させてしまうからです。また、細胞を酸化させて老化の原因になる活性酸素も放射線の影響が強いほど増えるといわれています。


そんな放射線ですが厳密に管理されているため、一般の人が健康に害を及ぼすほどの量の放射線を浴びるということはまずありません。とはいえレントゲン写真を頻繁に撮るという方や飛行機によく乗るという人は放射線障害について知っておいて損はないはずです。


プラセンタの放射能障害に対する有効性について詳しく解説!

プラセンタには放射線による健康被害から体を守ってくれる可能性があるかもしれないという話は1982年の朝日新聞の記事にも掲載された国立遺伝学研究所変異遺伝部によるマウスの実験がネタ元として参照されることが多いです。


その内容というのは、「20日以内で死ぬ放射線量(500ミリシーベルト)を浴びたマウスに、プラセンタを投与したところ200日以上生存していた」というもの。非常に強力な放射線障害回復効果があることが確認されたんですね。


最近では帝京大学の研究チームが行ったマウスの実験でも明らかになっています。帝京大学の研究チームが行ったマウスの実験でわかったことというのは、


 プラセンタを摂取すると放射線を浴びても障害の影響が軽い

プラセンタの薬理作用である「活性酸素除去作用」が放射能を浴びることで増加する活性酸素を抑え込んでくれるほか、「抗突然変異作用」「免疫賦活作用」が複合的に働いて、DNAの損傷やカラダの各種細胞を保護してくれるのではないかと考えられます。

 放射線を浴びる前にプラセンタをすると免疫力の回復が早い

作用順序はわかっていませんが、プラセンタの「細胞活性化作用」「免疫強化作用」「活性酸素除去作用」「血行促進作用」「造血作用」といった薬理作用が複合的に働いた結果だと考えられます。


ということでした。プラセンタを摂取したマウスとそうでないマウスでは同じ量の放射線を浴びても明らかに生存日数や白血球の数に違いがあったんですね。


また実験のなかでプラセンタには「生物が持つ生体防衛機能を高める」という効果と「ストレスと活性酸素を抑える働きがある」ということが証明されており、こうした作用もまた放射能障害への有効性と関係があるだろうと考えられています。


実験はマウスで行われましたが、人間であっても同様の効果が期待できるのでは?ということですから、プラセンタの摂取が放射線障害から身を守るための1つの手段として予防や治療に活かすことができる可能性があるということなんですね。


※日本だけでなくアメリカでもアメリカ国立健康研究所がプラセンタエキスの放射能障害に対する有効性(放射線粘膜炎に対する効果)について臨床データを発表しています。
※プラセンタの原料メーカーとして有名なスノーデン社が長崎大学大学院と共同研究したもののなかにも、プラセンタを投与することで放射線を浴びた小動物の放射線障害を軽減し骨髄由来幹細胞を保護する効果が確認できたというものがあります。


福島の原発事故以来、放射能や放射性物質に過敏に反応してしまい、心労が絶えないという人が多いと聞きます。いろいろな対策があることを知れば、それだけ安心もできると思うので、プラセンタが放射能障害に有効ということも覚えておくと役立つかもしれません。


プラセンタの効果についてもっと詳しく!

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
これまで数多くの実験からプラセンタの放射能障害に対する有効性というものが報告されています。福島の原発事故以来、日本人にとって放射能というものが身近な問題になるというありえない事態になっているわけですが、その対策としてプラセンタが役立つ可能性があることは知っておいても損はないと思います。