プラセンタ超入門TOP >  > プラセンタにはヤコブ病等の感染リスクがある!?

プラセンタにはヤコブ病等の感染リスクがある!?

プラセンタにはヤコブ病等の感染リスクがある!? プラセンタにはヤコブ病(ヒト型狂牛病)、C型肝炎、エイズといった感染症のリスクがあるらしいことを知りました。実際にプラセンタ注射をするときには、同意書を書かされますし、献血もできなくなりますよね?サプリ(注射以外)でもこうした感染症のリスクはあるんですか?

以下、プラセンタのヤコブ病等の感染リスクの回答

過去50年、感染症が伝播したケースは一例もなし。
プラセンタの感染症リスクはほぼ0%。

プラセンタが医療として利用されるようになってから50年経つそうですが、これまで何かしらの病気に感染したなど重篤な副作用の発生は国内・海外ともに一例もないそうです。


プラセンタは哺乳類の胎盤抽出物であるため、特定生物由来製剤に分類されます。特定生物由来製剤はその製造過程において徹底的な安全対策を講じる義務があり、プラセンタもその例外ではありません。


プラセンタ注射に用いられるヒト由来のプラセンタは、肝炎やエイズウイルス等の感染がないことが確認されている健康な日本人の女性の胎盤を原料として厳選していますし、二重、三重のチェック体制が敷かれていて、血液やホルモン、その他問題を起こしそうな成分は完全に除去されます。


C型肝炎やエイズウイルス、病原性プリオンはこの段階で死滅するので感染リスクはほぼ0%といってもいいそうで、豚や馬といった動物のプラセンタエキスを抽出するときも同様に酸による加水分解や120度以上の加熱処理が徹底されています。


そのため注射はもちろん、サプリやドリンクを摂取した場合にも感染症などの問題が起こる可能性もほぼ0%といっていいと思います。

医療用プラセンタは特定生物由来製品に該当します

特定生物由来製品であるプラセンタは製造過程において説明したような徹底した安全対策が敷かれていますし、医療機関では、薬事法第68条の9に基づき、投与の履歴は20年間保存する必要があります。


生物由来製品は、ワクチン、遺伝子組換え製品、動物成分抽出医薬品などが、特定生物由来製品は、主として凝固因子製剤のような血液製剤が対象です。


ここまで感染症に対して徹底的な安全対策を講じても、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病や未知のウイルスによる感染リスクが理論的に完全に0%にならないため、プラセンタ注射を打つ場合は同意書が必要になりますし、献血ができなくなります。


なお、献血禁止についてはヒト由来のプラセンタを注射をした場合のみ適用されます。あくまで「慎重な予防的対応」という暫定的な措置なので、今後再開される可能性はあります。


国立がんセンターの津金昌一郎博士の試算によると日常生活においてヤコブ病にかかるリスクは厳しく見積もっても1億人あたり0.04人という数字になるそうで副作用を考えてプラセンタの摂取を躊躇するよりはプラセンタを利用するメリットのほうがはるかに大きいということがいえるということです。


サプリやドリンクを利用してプラセンタを摂取する場合は、今回取り上げたヤコブ病などの感染症のリスクというのは100%ないので、どうしても不安をぬぐえないというなら、プラセンタのサプリやドリンクを利用するのがいいかと思います。


プラセンタの副作用についてもっと詳しく!

プラセンタの選び方

プラセンタサプリとプラセンタドリンク
サプリvsドリンク
プラセンタを摂取するならサプリとドリンク、どっちがおすすめ!?
プラセンタサプリ<best3>
サプリ/Best3
当サイト厳選のプラセンタサプリの比較&ランキングを発表!
プラセンタドリンクランキング<best3>
ドリンク/Best3
当サイト厳選のプラセンタドリンクの比較&ランキングを発表!
特集!馬プラセンタ
特集!馬プラセンタ
今注目の馬プラセンタを徹底解説。豚由来との比較等を詳しく!
プラセンタ(=胎盤)という特性上、気になるのは感染症にかかるリスク。血液やホルモンを原因とする病気に感染することはあるのでしょうか?プラセンタ注射をするときの同意書や献血ができなくなる理由などを詳しく解説します。